冬でも楽しむ事が出来る!!綺麗な沖縄の海でダイビング!!

スキューバダイビングを楽しむカップル

沖縄の海は、年間を通してダイビングを楽しむ事の出来るリゾート地として、多くの旅行客の方が訪れています。ここでは、冬でも楽しむ事の出来る沖縄のダイビングの魅力をお届けします。

沖縄の海で年間ダイビングが楽しめる理由とは?

スキューバダイビングを女性

【気候】

沖縄は、年間を通して過ごしやすい気候が特徴として挙げられます。一番気温が低くなる冬場の2月あたりでも、沖縄の平均気温は20℃弱で海の水温も20℃程度となっています。沖縄の中心地である本州とは異なり、気温が下がり寒くなると事がありません。また、沖縄の海の水温は、気温の変化と比較しても年間を通して温度変化がさほど無く、20℃以下になると言う事があまりありません。ダイビングに最適な水温は大体25℃位と言われていますが、20℃程度でも問題なくダイビングを楽しむ事も出来る為、年中いつでもダイビングする事が可能となっています。

ダイビングの寒さ対策は?

ダイビングは、基本的にウェットスーツを着用して行います。しかし、ウェットスーツだけでは寒い方には、生地が厚手の冬用ウェットスーツや防寒対策用のフードベスト等があります。なので、寒さに対して心配な方でも安心してダイビングを楽しむ事が出来ます。

【海の状態】

沖縄の海は、年間を通してダイビングが楽しめるとして多くの方に人気の高いスポットとなっていますが、ただ楽しめるから人気がある訳ではありません。沖縄の海は、何度も訪れるリピーターが居る程、魅力的な海である事がその高い人気を支えています。気候が温かい時も勿論ダイビングを楽しむ事が出来ますが、冬場のダイビングも多くの方に人気があります。

冬のダイビングが人気の理由とは?

  1. 1.冬場の沖縄の海は透明度が高い
    冬場の海と言うのは、海の水温が気温の高い夏場と比較しても下がります。水温が低くなると、海の中に生息しているプランクトンの発生が減少する為、海の透明度がアップするのです。沖縄の海は青い海と海底が白い砂浜が特徴となっています。透明度が上がる冬場になると、海の透明度は20m以上もアップするので、かなり深い所まで海の中を見渡す事が出来ます。さらに、離島の海になると透明度が40mもアップする所もあり、冬場のダイビングは海好きの方には人気の高いシーズンなのです。
  2. 2.ダイビングをゆっくり楽しむ事が出来る
    気温の温かい夏場は、多くの観光客の方が旅行で沖縄に訪れるので、ダイビングを体験される方も多く、観光時期としてピークを迎えます。なので、同じ海でダイビングをする場合でも、夏場と冬場では人の多さが変わってきます。冬場は夏場と比較しても少人数で、のんびりダイビングを楽しむ事が出来ます。人が比較的少ない冬場は、ダイビングのスキル磨きにも最適であったり、冬の時期だからこそ見る事が出来る海中生物に出会ったりするチャンスもあります。
  3. 3.旅行料金がリーズナブル
    沖縄に旅行して、「綺麗な沖縄の海でダイビングを楽しみたい!」と思った際に、旅行料金についても気になりますよね。リゾート地として有名な沖縄では、夏場がやはりメインになります。なので、逆に言い換えると、冬場は観光客の方が少なくなるのでツアー料金も安くなります。また、通常であれば高くて宿泊出来ない人気のリゾートホテルにも、お得な価格で宿泊する事が出来るチャンスでもあります。

沖縄人気のダイビングスポットの数々!!

沖縄の離島

世界の人を虜にする慶良間(けらま)諸島

慶良間(ケラマ)諸島は、豊富な海の生き物達が生息している宝庫となっています。サンゴ礁の故郷と言われており、色取り取りのサンゴ礁が海中に広がっています。一年に一度、海水の温度が24℃になった満月の夜だけに鑑賞する事が出来る、サンゴが海流に乗って沖縄周辺の海に広がる光景はとても神秘的です。

慶良間諸島の海は、深い青色が特徴で通称「ケラマブルー」と呼ばれており、その海の綺麗な色の正体には、海底で堆積していったサンゴ礁の朽ちたかけらが真っ白な砂として残り、海の水とのコントラストで深みのあるケラマブルーを生み出しています。

慶良間諸島は、ダイビングで潜って海底に近づく程に、一層深みのあるブルーの色合いを味わう事が出来ます。世界各国から多くのダイバーがケラマブルーを一目見ようと、慶良間諸島を訪れる人気スポットとなっています。

本島から程近い水納(みんな)島

水納島は、沖縄本島から船に乗って約15分程度で行く事の出来るダイビングスポットになります。沖縄では数多くの離島が存在しますが、水納島は本島から非常にアクサスの良い島になります。水納島は、透明でエメラルドグリーンの美しい海が特徴です。海中には、水納島を取り囲むようにサンゴ礁が海面に広がっており、その眺めはまるでお花畑のような美しさがあります。ダイビング初心者の方からライセンス保持者まで、幅広い方かたから人気の高い島となっています。

神秘的な輝きが魅力の青の洞窟

青の洞窟は、沖縄本島の中部・恩納村真栄田岬にある洞窟です。洞窟内部は全長約30メートルとなっており、シュノーケリングも楽しむ事の出来るスポットとなっています。太陽光が青の洞窟入り口から差し込んで、その光は海中を通過して海底の中を照らし出します。海水の青さを美しく照らし出す太陽光によって海面が青く輝く事から、青の洞窟と言われています。この青の洞窟の青さと言うのは、当日の日差しの強さや、光が差し込む角度によって変わります。なので、同じ場所であっても時間帯で海の表情の見え方には違いがあり、また、魚の様子や海の透明度についても、お勧めの時間帯によって変ってきます。青の洞窟に生息している魚達は人慣れてしており、魚達から寄ってくる事もある為、ダイビング初心者の方でも親しみやすい場所としても人気があります。

沖縄で人気のツアー会社「冒険島」!!

シュノーケリングを楽しむ女性

完全貸し切り制

冒険島では、ツアーの完全貸し切りツアーが開催されています。親しい仲間だけでボートを貸切ってのツアーなので、思う存分羽を伸ばしながらダイビングツアーを楽しめます。また、また、ビーチで開催されているダイビングでは、他の旅行客の方と一緒になってしまいますが、冒険島が開催するダイビングは、ボートでしか行く事の出来ないダイビングスポットでのダイビングを体験する事が出来ます。なので、繁忙期の時期でも比較的人が少ない環境でダイビングを楽しむ事が出来る点も魅力の一つとなっています。

無料の記念撮影サービス

冒険島では、無料でダイビング中の記念写真の撮影サービスを行っています。自分で水中カメラを持ってきて撮影する事も出来ますが、枚数制限無くスタッフが無料で撮影を行ってくれます。なので、ツアーに参加された方も、思い切りダイビングに集中して楽しむ事が出来ます。ダイビングツアー経験が豊富なスタッフは、撮影ポイントも知っているので、ダイビング初心者の方、初めてのダイビングスポットに行く方でも、お勧めスポットで撮影する事が出来ます。撮影した写真の記録はCDに焼いてプレゼントしてくれるので、自分達で現像する事が可能となっています。

まとめ

石垣島の夕暮れ

沖縄では、数々のダイビングスポットが存在し、季節に関わらず沖縄の海の魅力を堪能する事が出来ます。ハイシーズンは勿論、オフシーズンの冬場は海の透明度が上りダイビングには最適な時期となっています。ダイビングを通して、是非、冬場の沖縄の美しい海の世界を楽しんでみて下さいね。